断熱材を使った住宅づくり

数年前に住宅を建てたときに気をつかったのが断熱材です。それまで住んでいた家は築30年を超す昭和の造りで、とにかく冬の寒さが尋常ではなかったため、工務店と気密性や断熱効果に優れた家にできるように打ち合わせを重ねました。といっても、特別な仕様にしたわけではありませんが、一般的な断熱材をしっかりと入れてもらい、屋根にも厚めに入れてもらいました。断熱材にはいくつか種類がありますが、予算があまりなかったのでそれほど上位のものは使いませんでしたが、十分以前より断熱性に優れた家になっていると思います。断熱材をしっかり入れてもらうと冬の暖かさだけでなく、夏のエアコンの効きも違ってくると思います。又、窓からも冷気や暖気が入ってきますので、窓やサッシなどにも工夫をすることをおすすめします。気密性を上げるなら窓は小さいほうが良いですが、採光性の問題もあるので両方のメリットやデメリットを擦りあわせて快適な仕上りを目指すのがおすすめです。