未分類

低価格高気密高断熱住宅の断熱材をチェック

断熱材を使った高気密高断熱の住宅のはずなのに、極端に安い建設費な住宅をちょっと疑ってかかった方がいいかも知れません。内訳を見せてもらえるのでしたら見せてもらった方がいいでしょう。

いや、低価格の高気密高断熱住宅すべてがダメだとは言いませんけれど、しかしながらやっぱり高気密高断熱住宅となりますと、なかなか低価格の範囲内には収められないというものですから。

高気密高断熱住宅が高すぎるというわけではないのです。ただしっかりと断熱材をいれますと、やはり上乗せ金額は数万円程度には収まりませんからね。3桁万円台にだっていきますから。

しかしその分、高気密高断熱住宅はランニングコストがかかりませんから、長い目で見るとかなりお得だというわけなのです。しかし初期費用はそれなりにかかりますからね。太陽光発電とまではいかないまでも、やはり断熱材を使わない住宅と比べますと頭一つ分は費用がかかるものですから。

ですからこそ、極端にお安い高気密高断熱住宅は断熱材をチェックしてみるのがいいでしょう。健康を害するような素材が使われているかも知れないとは言わないまでも、内容を確認して損はないことですから。