未分類

断熱材を使った一戸建て住宅の威力は夏こそ

断熱材を使った一戸建て住宅の威力は、冬に開花されるぐらいのことを思っている人がいましたら、それは間違いだと言いたいです。もちろん、 断熱材を使った一戸建て住宅の効果は、冬こそ実感できるのは一理あると思いますよ。だって、地域によっては暖房をほとんど稼働させなくても、家の中が温かいというものですからね。ですから、冬が寒い地域の人が、高断熱高気密住宅を求めて、しっかりと断熱材を使った住宅を建てることにも納得します。
しかし 断熱材を使った一戸建て住宅は、夏場だって快適にしてくれるものですから。オーソドックスな一昔前の日本家屋のように、陽の光が入らないのでひんやりとしている住宅だというわけではないのです。窓が大きく室内が明るい住宅であっても、 断熱材を使った一戸建て住宅となりますと、家の中の温度は涼しくなりますから。

それもこれも外の温度をシャットダウンする断熱材のおかげでしょう。夏だって涼しい温度に保つことができるのです。もちろん、暑い夏場にブラインドをすべて開けておいたら、いくら 断熱材を使った一戸建て住宅であっても、部屋の温度は上がりますよ(これが冬場にはいいのですけれどね)。けれど、ブラインドを調整しておけば、夏でも涼しい家の中が実現可能だというわけです。これが断熱材を使った住宅の魅力でしょう。