繊維系断熱材VSパネル(固形)型断熱材

昨年自宅を新築しました。一番悩んだことは間取りや設備仕様よりも断熱材についてです。住宅総合展示場や内覧会、さまざまなイベントに足を運び断熱材についての知識を深めました。最終的に繊維系断熱材とパネル(固形)型断熱材どちらかに決めようと絞りました。繊維系のメリットは復元性が高いこと、また性能が高く比較的割安で入手できることがあげられます。デメリットは施工が悪いと湿気を含んでしまい壁体内結露を引き起こす可能性があるところです。パネル型(固形)断熱材のメリットは、施工が簡単であること、湿気を含みにくいことがあります。デメリットは性能を高めようとすると厚みを増す必要があること、割れへこみなどの恐れがあることなどが考えられます。そもそも断熱材とは対流しない空気と言われています。がっちりと空気を抑えることができる素材が優れていると言えます。その点ではどちらも合致する為、甲乙つけがたいのが正直なところでした。最後の決め手は、建築地が日本の中でも温暖で湿気があるエリアでしたので、湿気に強い素材であること、そして域入居時期が決まっていることから、施工期間が短いパネル(固形)断熱材を選択しました。