断熱材を使った一戸建て住宅は結露が多いのか

「断熱材を使った一戸建て住宅は結露が多い」と思い込んでいる人がいますが、それは違うと言いたいですよ。確かに、断熱材を使った一戸建て住宅となりますと、シートでぐるりと包んで、屋外の空気をシャットダウンしていますので、湿気が家にこもりやすくはあるでしょう。しかし、断熱材を使った一戸建て住宅は、ただそれだけではないのです。

どういうことかと言いますと、断熱材を使って家が建てられているだけではありませんから。24時間稼働する換気扇を適材適所に取り付けていますからね。断熱材と換気扇はセットぐらいなものですよ。言ってみればそれが断熱材を使った一戸建て住宅なのです。

ですから常に住宅は換気されていますので、かえって結露がしづらいのです。屋外の温度と家の中の温度の違いによって、確かに結露は起きやすいでしょう。しかし断熱材を使った高気密高断熱の住宅は、換気がバッチリなものですから、結露はそれほどまでにはしないわけです。全く結露がないわけではないのですが。