窓面積が大きい程断熱材の効果が下がる?

住宅の建て替えやリフォームの際、室内環境の安定化の為に最新式の断熱材を壁に入れるのは確かに大変優れた方法に違いありません。

外気と室内とを隔てる壁材に何らかの工夫を施さない限り、幾ら室内を快適にすべくエアコンを効かせたとしても、それを止めればせっかく適度に調整された温湿度もすぐに外気と調和し差が無くなってしまうからです。

住宅外壁の中で、これらのリフォームや新規に導入が可能な壁面の面積が大きければ大きい程室内の密閉度が高まり、より断熱材が有効に働き易くなるのですが、一つ気を付けなければならないのは、最近のデザイナーズ住宅にありがちな、採光目的で窓面積が大変広く取られた住宅の場合です。

窓面積が大きいと、残りの壁材にいくら断熱材を仕込んでも窓を通じて外気温が内部に伝播してしまい、その意義が薄れてしまうからです。その際は窓自体にも工夫を凝らし、外気の暑さ寒さをシャットアウトしてくれる素材や構造のものに変更すべきでしょう。

 

“窓面積が大きい程断熱材の効果が下がる?” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。