未分類

断熱材の種類について

断熱材とは元々北海道のような寒い地域で広がったものです。寒くない家を作るために必要性が知られていき全国的に断熱材を使用する家が増えてきました。断熱材といっても様々な種類があり用途により使い分けが必要です。その中でも住宅に使用する断熱材には大きく分けて三つの種類があります。一つ目は繊維系と呼ばれる種類です。繊維系は比較的安価で購入できますし、シロアリなどの害虫がつきにくいという効果もあります。また燃えにくいので火災にも強くなっています。二つ目は発泡プラスチック系と呼ばれるものです。発泡スチロール系は繊維系よりも断熱効果が高く、主にコンクリート打ち込み工法などの住宅に重宝されています。そして三つ目は天然素材系と呼ばれるものです。天然素材系は断熱効果だけではなく遮断性にも優れいています。小さい空気の粒がくまなく遮断や断熱をしてくれます。また天然素材を使用しているため有害物質などの発生が起こる心配もなく安心して住むことができます。