どの断熱材にもメリット・デメリットはある

住宅を購入する際、特に注文住宅で自宅を建てられるという方の中には、断熱材についてどのように考えたら良いのかと悩まれてしまわれる方もいらっしゃると思います。確かに最近の注文住宅は、「高気密・高断熱」を謳い文句に冬でも部屋の中は暖かく過ごせることが紹介されています。

一般的な住宅の断熱材には、主にグラスウールと呼ばれるものが最も多く使われていますが、気になる方がインターネットなどで調べてみると、水分を吸収することで壁の中でカビが発生してしまうことや、経年劣化で下へ下へとズレてくる問題、デメリットも多く紹介されていることから余計に不安に思われがちです。

では、自分で断熱材を選ぶことが可能である場合、どの断熱材が良いのか?ということになりますが、結論から先に紹介すると「ハウスメーカーが用意している標準的なもの」で良いのでは?と思います。

最も普及しているグラスウール以外にも、グラスウールよりも断熱性能が優れているとされるロックウールや、最高の断熱材とも称されるセルロースファイバー、羊毛を用いた大変高価なものもあります。現場で泡のように広げて施工される現場発泡ウレタンや、硬質ウレタンなどが主な断熱材として知られているものです。それぞれにメリット・デメリットがある中、ハウスメーカー各社は、コストや断熱効果を含めベストと考えているものを標準として採用しています。

確かに冬で半袖で過ごせるような高い断熱効果を求めるのも1つではありますが、実際に住宅に住まわれた際には、断熱材だけが住み心地の良さなど満足感に繋がるものではありませんので、断熱材に拘りそこにコストを掛けるよりも、その他の部分の仕様を使い勝手の良いものへグレードアップすることに使ったりすることによって、注文住宅としての満足感が得られることにも繋がることも考慮すべき点かもしれません。

PR/工務店向け集客ノウハウ 生命保険の選び方 クレジットカードの即日発行じゃけん お家の見直ししま専科 健康マニアによる無病ライフ マッサージのリアル口コミ.com 英語上達の秘訣 超SEO対策 内職 アルバイト JALカード